M T W T F S S
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 
 

日本の組織がホライズン 2020に応募して欧州から研究資金を得ることが可能ですか?

一般的なホライズン2020への参加

原則的には、日本の機関が欧州委員会から自動的に助成を得ることはできません。しかし、日本からの参加がプロジェクトの成立に必要不可欠であったり、その参加が欧州にとって利益になると見なされる場合は欧州委員会から助成を受けられる可能性があります。

日本の組織からの応募は下記の場合、資金を与えられる可能性があります。

1.          EUと日本政府の間で結ばれた科学技術に関する二極間協定により資金が提供される場合。

2.          応募要領に日本の組織が資金を得る事が可能であると明記されている場合。

3.          欧州委員会または関係する資金提供機関が計画を実施する上で、日本の組織が参加することにより、以下の寄与がある場合。

•           卓越した能力、経験

•           研究インフラの利用

•           特定の地理的環境の提供

•           データの提供

ECから評価者への説明:「Part A of the General Annexes to the work programme includes the list of countries from which legal entities are automatically eligible for receiving funding from the Horizon 2020 budget. International European organisations are also eligible for funding. Unless otherwise stated in the work programme, legal entities from other countries and international organisations can only be funded in exceptional cases. One of those cases (Article 10.2.a of the Rules for Participation) is where the Commission deems the participation of the entity in question essential for carrying out the action. This exceptionality needs to be justified in the proposal and the Commission will base its decision on the evaluation of the proposal, which therefore needs to include the evaluators' judgment about whether or not the participation of the entity in question in the project is essential, with clear benefits to the consortium. These benefits may include, for example, outstanding competence and expertise, access to unique know-how, access to research infrastructures, access to geographical environments, involving key partners in emerging markets, access to data, etc.」( EC Website)

 

日欧共同公募への参加

ホライズン2020では日本との共同公募も実施しています。この共同公募は日本政府と欧州委員会が共通のテーマで公募を実施し、採択された日本の機関に対して日本政府の予算から助成を行うというもので、総務省(MIC)と情報通信研究機構(NICTによる共同公募がこれにあたります。また、独立行政法人科学技術振興機構(JST)も、ホライズン2020に採択された日本の参加者に資金提供を行っています。日本の助成機関によるサポートを利用可能であるか否かはホライズン2020の各公募詳細に記載されています。現在の共同公募に関する詳細は、以下のページをご確認ください。http://www.jeupiste.eu/Co-funding-mechanisms 

ERCへの参加

個人研究者は、フェローシップ・プログラムに参加し、ヨーロッパの組織での研究を行う場合の資金を受け取ることができます。日本の研究者がERCチームに参加するため、日本科学振興協議会(JSPS)がサポートを提供しています。