M T W T F S S
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 
 

欧州のコーディネーターから日本の全参加機関のPICコードを聞かれています。しかし、助成機関の募集要項や、提案書作成要項を見る限りではPICコードに関する記述がありません。PICコードの取得は必須なのでしょうか?

日欧共同公募において日本側の助成プログラムはHorizon 2020のプロジェクトの一部ではありません。日本側の参加者は欧州の申請プロセスにおいての「Beneficiary」にあたりませんので、PICコードの取得は必要ありません。また、欧州側のコーディネーターはParticipant Portalで申請する際に日本の参加者を入力する必要もありません。但し、提案書のTechnical Partにあたる部分(日本側・欧州側の提案に共通)には、日欧の全参加機関の記載が必要となります。欧州側は、各機関の役割やプロジェクトの進め方、日欧がバランスよく役割を果たすプロジェクトである事や、知的財産権に関して記述した共同研究契約書(Coordination Agreement)のFinal Draft(署名なしの契約書)を提出する必要があります。