M T W T F S S
 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 
 
 
 
 
 

日欧共同公募と他のHorizon 2020の公募との違いは何ですか?

Horizon 2020の公募ではワークプログラムとParticipant Portalにおいて欧州委員会から課題募集と募集要項等が発表されます。一般的なHorizon 2020のプロジェクトではEUあるいは関連国の3カ国から1機関以上の組織がコンソーシアムを組み参加します。応募要項はHorizon 2020の公募情報からご確認いただけます。日本の機関がプロジェクトに参加する場合は、第3国メンバーとしてコンソーシアムに加わりますが、日本の機関は直接助成を受けられず、日本政府やその他助成機関からの助成制度を独自に探し申請するか、自費での参加となります。また、採択された後にコンソーシアム協定(コンソーシアム間の契約)を締結する必要があります。

日欧共同公募では日本側の助成機関とHorizon 2020側の助成機関(欧州委員会)があらかじめ協議し、研究分野や公募内容等について合意しています。日本の助成機関と欧州委員会は、合意した内容で共同公募を同時に実施し、日本の参加者は日本の助成機関へ日本語の、欧州の参加者は欧州委員会へ英語の共同提案書を提出します。欧州側の応募要項はHorizon 2020の公募情報から、日本側の応募要項は助成機関のプレスリリース/公募ページから確認する必要があります。提出された共同提案書は、日欧の合同評価を経て採択され、日本の助成機関と欧州委員会が、双方それぞれの採択者に研究資金を配分します。また、Horizon 2020の参加する欧州側チームと日本の助成機関に応募する日本の参加者チームの間では共同研究契約(Coordination Agreement)を結びます。共同研究契約は提案書の提出時に添付する必要がありますが和訳を付ける、要約をする、など助成機関によって提出方法が異なる可能性もありますので応募要項をよくご確認下さい。